アプリ甲子園とは?

アプリ甲子園は、2011年にスタートした中学生・高校生のための
スマートフォンアプリ開発コンテストです。

2018年の今年の大会で、8回目の開催となります。

当記事では、9月30日に行われた二次選考会を突破した
「開発部門」の10組のファイナリストのうち、以下の3組をご紹介します。

「速棋」久下  京一郎 さん
「写して翻訳」河原 慶太郎 さん
「AsnapR 」中馬 慎之祐 さん
※紹介順は順不同

「速棋」久下 京一郎 さん

08_kuge
参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:今回が初めて

 

Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください

Unityインターハイと同時に出せると聞いたので、出場しようと思いました。

 

Q2,「速棋」はどんなアプリですか?

一対一で戦うオリジナルのボードゲームです。

 

08-app

 

Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?

全部です!

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?

出所が不明のバグに何日も悩まされました。

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?

特定の人ではなく、全ての人に遊んでもらいたいです。

 

Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?

自分の考えが第一

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?

amazonギフトが貰えることです。

 

Q8,将来はどんなことをしたいですか?

ゲーム制作などに携わりたいです。

 

Q9,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!

😄

 


 

「写して翻訳」河原 慶太郎 さん

09_kawahara
参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:2回め

 

Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください

去年、Life is tech  でアプリ甲子園を知り、去年応募したが

1次審査で落ちてしまったので、今年リベンジしようと思ったから!

 

Q2,「写して翻訳」はどんなアプリですか?

物体認識、OCR、Text翻訳の3つの機能が備わった翻訳アプリです。

 

09-app

 

Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?

画像認識の翻訳機能は、他にはない機能なので、注目してみてほしいです。
あと、3つの機能が備わっているので、他のアプリを開かずに一つのアプリで完結できるので、便利です。

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?

GoogleのAPIを使用するのが大変でした。あと、使いやすくシンプルにデザインすることが大変でした!

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?

外国人の方や海外を旅行している日本人の人などに使ってもらいたいです!

 

Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?

使いやすいデザインにしています。

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?

将来の夢が広がった!

 

Q8,将来はどんなことをしたいですか?

プログラマーになりたいです!

 

Q9,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!

全力で頑張りたいです!!!

 


 

「AsnapR 」中馬 慎之祐 さん

10_chuma
参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:5回め

 

Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください

小5から5年連続でアプリ甲子園に応募しています。
2015年にはAllergyで優勝もいただきました。その後、2016年2次敗退、2017年1次敗退となかなか結果を出せなかったので、2018年は絶対に決勝に残りたいと思い応募しました。

 

Q2,「AsnapR」はどんなアプリですか?

AsnapR(アスナップル)は、AR技術を身近に感じる簡単でシンプルなARカメラアプリです!
ARは難しいイメージがありますが、ARは拡張現実。現実+α。
AsnapR(アスナップル)なら、毎日のちょっとしたときに、

好きなようにARテキストやARスタンプを配置し、気軽に動画を撮ることができます。
360度プラス奥行きを使うことで、アイディア次第でユニークな動画をとることが可能です。
また、ストーリーだけで1日4億投稿と言われるインスタへのアップロードも簡単にできるようになっています。

 

10-app

 

Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?

「自分でARオブジェクトをセットする」ということ自体が初めての方も多いと思いますが、

実際にAsnapR(アスナップル)で自分だけのアイディアでARオブジェクトを置き、ARを楽しんでユニークな動画を撮ってほしいです。
決勝に向け、自分の写真フォルダーから画像をアップロードし、ARオブジェクトとして配置する機能も実装したので、

お気に入りの画像と一緒に動画を撮ってみてください!

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?

ARKitの資料がまだ少ないことで苦労しました。

また、ARKit自体がまだ少々不安定なところもあるため、それを少しでも軽減できるようにすることが大変でした。

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?

僕と同年代の中高生や、大学生などにどんどんAsnapR(アスナップル)で面白い動画を撮って、

SNSにアップして使って欲しいです。
大人の使い方としては、たとえば不動産屋さんの物件紹介動画などにも使えるのではないかと思っています。

 

Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?

ターゲットとなるユーザーの特性を考えて、アプリに組み込むことです。

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?

アプリ開発などの活動を認めていただき、孫正義育英財団の第1期財団生となることができ、現在は財団のご支援で2018年1月からシンガポールに留学しています。

アプリ開発をしていなかったら、財団生に選ばれることはなかったと思いますし、

中学生からの留学なんて叶わなかったと思います。
また、AppleのCEO ティムクックさんをはじめとして、

普通は会えないような世界で活躍する方々と直接お会いしお話することができているのも、プログラミングのおかげです。

 

Q8,尊敬しているクリエイターはいますか?

イーロン・マスクさん

 

Q9,将来はどんなことをしたいですか?

宇宙に行きたいです。

 

Q10,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!

3年ぶりの決勝進出なので、決勝の舞台を楽しみたいです。

 


 

決勝戦は10月14日(日)、東銀座のD2C本社 D2Cホールにて開催されます。
観覧や、生放送で応援しましょう!

■観覧募集URL
https://www.applikoshien.jp/viewer/
【関連記事】
アプリ甲子園2018 ファイナリストインタビュー vol.1
アプリ甲子園2018 ファイナリストインタビュー vol.2

 

 

MAKEYS 編集部

MAKEYS 編集部

Life is Tech ! Master

MAKEYS 編集部より 旬な話題をお届けします

このライターの記事一覧へ

2018.10.10

アプリ甲子園2018 ファイナリストインタビュー vol.2