アプリ甲子園とは?

アプリ甲子園は、2011年にスタートした中学生・高校生のための
スマートフォンアプリ開発コンテストです。

2018年の今年の大会で、8回目の開催となります。

当記事では、9月30日に行われた二次選考会を突破した
「開発部門」の10組のファイナリストのうち、以下の4組をご紹介します。

 

「ARoute」山口 響也 さん
「SPEEDAY」笠原 未来 さん
「オシマル」宮城 采生 さん
「写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~」菅野 晄 さん
※紹介順は順不同

 

「ARoute」山口 響也 さん

01_yamaguchi
参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:2回め
 
Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください
去年は準優勝だったので、今年こそ優勝しようと思い応募しました。

 

Q2,「ARoute」はどんなアプリですか?
AR上で路線図の表示、経路検索ができるアプリです。

 

01-app

 

Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?
デザインです。誰にでもわかりやすいデザインにしました。

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?
AR空間上の駅の座標をどうするかでかなり苦労しました。

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?
日本に来た外国人の方に是非使って頂きたいです。
 
Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?
何かしらの感動やテクノロジーの発展を体感できるようにすることを大切にしています。

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?
自分や学校が欲しいと思ったものをすぐ作れる事です。

 

Q8,将来はどんなことをしたいですか?
英語とプログラミング両方を使う仕事がしたいです。

 

Q9,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!
Mac目指して頑張ります!

 

「SPEEDAY」笠原 未来 さん

02_kasahara

 

参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:2回め

 

Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください
昨年は1次審査で落ちてしまったためリベンジしたかったのと、自分の実力を試したいという思いで応募しました。

 

Q2,「SPEEDAY」はどんなアプリですか?
手書き入力ができるカレンダーアプリです。

 

02-app
 
Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?
アプリ名の由来にもなっているように、スピーディにメモ出来る手書き画面です。

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?
カレンダーの扱いに苦労しました。特定の日付に、書いた内容などを紐付けて保存するのが、難しかったです。

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?
普段、スマホと手帳を使い分けている人に使って欲しいです。

 

Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?
使いたくなるデザインを意識しています。

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?
頭の中で想像していたものが、実際にアプリ上で動いた時です。作ったアプリを初めて実機登録した時は、とても感動しました。

 

Q8,尊敬しているクリエイターはいますか?
ものづくりを楽しんでいる友人です。

 

Q9,将来はどんなことをしたいですか?
人のためになる仕事がしたいです。

 

Q10,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!
まさか自分がファイナルへ行けるとは思いませんでした。せっかく頂いた貴重なチャンスを無駄にしないよう、全力で頑張ろうと思います!

 

「オシマル」宮城 采生 さん

03_miyagi

 

参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:初参加

 

Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください
関西ではチャレンジする大会がなくなってしまったのもあり、東京の大会に作品を出してみました。

 

Q2,「オシマル」はどんなアプリですか?
動物をモチーフにしたデザインのブロックが、集団で押し相撲する、CPUを相手にした対戦形式のゲームです。本選には間に合わないかもしれませんが、対戦モードを実装中!

 

03-app

 

Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?
沢山のブロックが動くところ。左右ボタンを使った駆け引き。

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?
物理エンジンの動きと、ゲーム的な都合のつじつま合わせ。ゲームの設計上、細かくなった見た目をなんとか見やすくすること。

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?
考えること、少しアクション性もあるので、幅広い人に、ちょっとした気分転換に遊んで欲しい。

 

Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?
可能な限り自分でやる!

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?
とにかく楽しい!辛いことも多いけど、思ったように動いたとき、感動する!

 

Q8,尊敬しているクリエイターはいますか?
“ジョブス、テイラー、
ドラえもん=藤子不二雄”

 

Q9,将来はどんなことをしたいですか?
今は単なるゲームですが、ゲームをベースに、ゲームが生活に役立ちつつ楽しい!というものを作っていきたいと考えています。

 

Q10,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!
プログラマーの友達を増やしたい!僕のは単なるゲームですけど、だからこそゲームを好きな人に、評価して欲しいです!

 

「写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~」菅野 晄 さん

04_sugano

 

参加形式:個人での参加
アプリ甲子園大会参加回数:2回め
 
Q1,今回大会に応募しようと思ったきっかけを教えてください
これまで自分が楽しめるゲームを作ってきましたが、人の役に立つアプリを作ることができたので。

 

Q2,「写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~」はどんなアプリですか?
誰でも簡単に刺繍の図案が作れるアプリ

 

04-app

 

Q3,アプリの「ここは見てほしい!」と思える部分はどこでしょうか?
何百種類もある刺繍糸から、自動的に図案に適した糸を選択してくれるところ。

 

Q4,アプリの、作っていて苦労した点などはどこでしょうか?
画像の色を減らしたり、各ピクセルの色に近い糸を選択できるようにしたところ。

 

Q5,今回発表したアプリは、どんな人に使ってほしいですか?
おばあちゃんや刺繍の好きな人、刺繍をやってみたい人

 

Q6,アプリを制作する上で大切にしていることはありますか?
最初にアプリの目的をはっきりさせて、流れを設計すること。

 

Q7,アプリを制作していて、よかったな、と思ったことはありますか?
学校以外の友達が増えたり、いろいろな人に出会えるところ。

 

Q8,尊敬しているクリエイターはいますか?
お姉ちゃん

 

Q9,アプリ甲子園2018 決勝への意気込みを聞かせてください!
去年の雪辱を果たして、賞が取れるようにがんばりたいです。

 


 

決勝戦は10月14日(日)、東銀座のD2C本社 D2Cホールにて開催されます。
観覧や、生放送で応援しましょう!

 

■観覧募集URL
https://www.applikoshien.jp/viewer/
【関連記事】
アプリ甲子園2018 ファイナリストインタビュー vol.2
アプリ甲子園2018 ファイナリストインタビュー vol.3
 
 
 

MAKEYS 編集部

MAKEYS 編集部

Life is Tech ! Master

MAKEYS 編集部より 旬な話題をお届けします

このライターの記事一覧へ

2017.10.11

中高生のアプリの祭典!アプリ甲子園2017決勝戦目前のファイナ...

2018.10.10

アプリ甲子園2018 ファイナリストインタビュー vol.2